初めての方へ入会案内クラス案内代表挨拶インストラクター紹介よくあるご質問ブログ
             
       
 
パラエストラ千葉ネットワークの誕生から活動、躍進そのものが私の夢であります。しかも確実に一歩ずつ実現に向かって行く「証」となりうるホームページが立ち上げられた事を心から嬉しく思います。

1999年、千葉県の松戸市に"パラエストラ"の種を蒔いたとき、私は3つの夢を持っていました。ひとつ目の夢は「ブラジリアン柔術世界大会優勝」です。その目標ために私は日々猛烈な練習を行い、2004年世界マスター&シニアブラジリアン柔術大会に勝負をかけ、茶帯レーヴィ級で優勝に輝くことができました。「柔術を続けて良かった、柔術本家の地ブラジルで優勝できた!」と、その嬉しい気持ちを胸に秘め指導を続けました。

2つ目の夢は、私の手で世界に通用する選手を育成することでした。これも数々の難関を乗り越え、第3代修斗世界フェザー級チャンピオンに輝いた松根良太を始め、柔術、総合格闘技問わず第一線で活躍する多くの選手が誕生してくれました。今は次への夢を繋ぐため指導に励んでいます。夢を追い続ける日々、私は何と幸せな男だろうと感謝しております。

最後に「3つ目の夢」です。千葉県を格闘技最強の地にすること。それが私には残っています。消防士時代、後輩であった栗栖といつか一緒に私の夢を、パラエストラ千葉ネットワークの夢を叶えようと説得し続け、今では同じ職場でしかも隣の席同士で、毎日夢を語り続けています。 松戸にパラエストラの種を蒔き、田を耕し、芽が出て少しばかり花も咲くようになった今、もう個人ではなく多くの人々に愛され慕われる「パラエストラ千葉ネットワーク」が誕生したことは、大変意義のあることだと思います。

これからはこのネットワークを見守り支え、選手達と一丸となって夢に向かいたい、それがまた私の「3つ目の夢」が実現することだから。こう書くと文頭の〜立ち上げられたこと、心から嬉しい〜という気持ちが分かって頂けると思います。 ビバ!パラエストラ、輝け!千葉県希望の星。きっと私の夢、パラエストラ千葉ネットワークの夢、叶えよう!